高血糖

健康な方も必見!日々の不快感はこれのせいかも!?血糖値が急上昇しないほうが良い理由

血糖値、気にしていますか?血糖値は1日のなかでも上がったり下がったり変動しています。血糖値は健康診断のときに測るけれど、1日を通してどのくらい上昇したか下がったかを知るために何回も測らないですよね。

私が大学生のころ、食事をしたあとに血糖値を何回か測定する授業をうけました。おにぎりを食べるときと、そばを食べるとき、野菜を食べるとき、血糖値の上昇の仕方が違ったのです。食事内容によって血糖値の上昇率が変わるなんておもしろいですよね。

血糖値は上がったり下がったりするものですが、急激に上昇するとからだに負担がかかり、不調や糖尿病などの引き金になりかねません。日々のパフォーマンスを上げるためにも健康維持・増進のためにも血糖値を上げすぎない食事(血糖コントロール)を日頃から気をつけることは大切だと私は思うのです。今回は、血糖値が急上昇しないほうがいい理由をお伝えします。

 

「血糖値」とは

 

糖質(ごはん・パン・麺類・砂糖)を食べるとからだの中で「ブドウ糖」に変わり、からだを動かすエネルギーとして使われます。(くわしくはこちらの記事

 

「ブドウ糖」がエネルギーとして使われるためにはすい臓から出される「インスリン」が必要です。(くわしくはこちらの記事

 

血糖値は血液中の「ブドウ糖」の濃度です

なので、血糖値は食事をして体内に「ブドウ糖」が増えると上がり、インスリンがだされると下がります。

 

このように血糖値は絶えず変動しますが、

血糖値の変動は基準の範囲に収めることが大切です。

 

しかし、インスリンの作用不足で「高血糖状態」が続く病気があります。

それを「糖尿病」といいます。「血糖コントロール(血糖値を上げない生活スタイル)」は糖尿病の治療の基本です。

 

この「血糖コントロール」

健康な人にもおすすめです!

糖尿病予防

肥満予防

健康維持・増進

日々のなんとなくの不快感の悩みに・パフォーマンスを上げるためにもおすすめです!

 

ねこリーマン
ねこリーマン
健康診断で血糖値は正常だったよ。血糖値の上昇を気にすることって今のうちからそんなに大切なの?

 

きこインコ
きこインコ
血糖値が急上昇する生活を積み重ねると糖尿病になりかねないよ。今なんとなくの不快感など感じない?

 

ねこリーマン
ねこリーマン
たしかに、最近つかれや眠気が多いな

 

きこインコ
きこインコ
そういった不快感も血糖値の急上昇と関係しているともいわれているよ。日頃体調良く過ごすためにも、高血糖や病気になってからではなく今のうちから気にしてみない?

 

「血糖コントロール」で大切なことは食後の血糖値の急上昇を防ぐことです。

 

血糖値が急上昇しないほうが良い理由

 

不快感がでて日々のパフォーマンスが低下する可能性が・・・

 

血糖値が急上昇すると一気に下降して、

血糖値が低すぎる状態になることがあるといわれます。

血糖値が急激に上がるとすい臓から大量の「インスリン」がだされて、血糖値が急激に下がることが考えられます。)

 

血糖値が大きく下がりすぎると、

からだのだるさ・眠気・イライラなど不快感が現れます。

食後に眠くなるのはこのためかもしれません。不快感がある状態は血糖値の急上昇が要因のひとつであるかもしれませんね。

血糖値は食事をとったあとに上昇しますが、食事以外に「見えない砂糖」とっていませんか?

 

糖尿病の予防のため

血糖値の急上昇を毎日積み重ねていくと、どうなるのでしょう。

 

血糖値が急上昇すると、

すい臓はがんばって一生懸命「インスリン」をつくって、大量に放出しますね。

その状態が続くとやがてすい臓は疲れて、インスリンを出す量が少なくなっていく・インスリンをだすタイミングが遅れるという状態になっていきます。

インスリン作用不足につながり糖尿病を引き起こしかねません。

 

肥満予防のため

糖質を食べたら体の内で「ブドウ糖」に変身して、「インスリン」がだされてエネルギーとして利用されますね。

しかし糖質を食べすぎた場合(食べすぎて血糖値が急上昇している状態)は、

「ブドウ糖」があまってしまいます。

 

あまってしまった「ブドウ糖」はどうなるかというと、

「インスリン」に肝臓や筋肉まで運んでもらい貯蔵されるのです。しかし、肝臓や筋肉にも貯蔵の限界量があります。

 

限界量を超えてしまったら、

「ブドウ糖」はインスリンによって脂肪細胞に運ばれて

「中性脂肪」になります

これが肥満の原因です。

 

食べすぎた「糖質」はからだの内で「中性脂肪」に変わるのです!

ちなみに肥満(内臓脂肪)はインスリンの働きを悪くする物質をだすので糖尿病を引き起こしかねません。

 

糖尿病重症化予防に

糖尿病は、インスリンの作用不足で高血糖状態が続く病気です。

糖尿病自体が命にかかわるのではなく、

ほんとに怖いのは、高血糖状態を放置して、重症化していくことです。

逆をいえば、正しい血糖コントロールをしっかりしていれば、日常生活を支障なく送れます。

 

糖尿病予備軍・糖尿病といわれたら医師の指示のもと血糖コントロールを続けることが大切です。

糖尿病は薬を飲めば完治するものではありません。治療の基本となるのは正しい血糖コントロールをし続けることです。糖尿病の治療の基本は食事と運動・症状にあわせて服薬です。

 

血糖値を上げすぎない食事を続けることは重症化予防にも大切です。

 

まとめ

いかかでしたか?血糖値の急上昇させない生活スタイルは、病気予防やダイエット、疲労感・不快感の軽減などメリットがあります。食後の眠気やなんとなくだるい感じは、もしかしたら血糖値が急上昇したあとに起こる血糖値が下がりすぎた低血糖の症状かもしれません。「血糖コントロール」は糖尿病になってから考えるのでなく、健康のうちから考えていくことが大切だと思います。血糖値の上昇にかかわる栄養素は「糖質」です。「糖質」の量を守る・食べ方を気をつけるなど方法はいくつかあります(食べ方はこちらの記事で紹介)。

それと、あとで記事にしたいのですが血糖値の急上昇をもたらす「みえない砂糖」にもお気をつけて・・・。安くて簡単にお腹いっぱいになる食事といえば糖質が多くなるのではないでしょうか。甘いものの誘惑、日々飲んでいる飲料水・・・知らないうちに血糖値が上がりやすい食事をしてしまっているかもしれません。私も「血糖コントロール」を満足にできていないと思います。気をつけないといけませんね。個人的に健康診断の血液検査のなかでも高血糖といわれることは怖いなと思っています。

ABOUT ME
きこ
きこ
管理栄養士。 大学卒業後、大手企業にてサプリメントや健康食品の販売・アドバイス・ダイエット相談を経験。その後「未病を改善する栄養サポートステーション」専属管理栄養士として延べ3500人に食生活アドバイスを実施。 学生のころに母を亡くした経験から健康の大切さを実感し、世の中には日々の食事で予防できる病気もあることを知り、管理栄養士になることを決意。健康維持・増進を手助けできる管理栄養士を目指して活動予定!